読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイプリルの日誌

派遣社員&アルバイターの日誌

『虐殺器官』な土曜日(ネタバレあり)

8時30分起床。

たまった洗濯物、掃除機など部屋の片付けをする。

 

 

そういえば、

オニババ化する女たち?女性の身体性を取り戻す? (光文社新書)でも有名な、三砂先生の本に、「夫婦共働きでいそがしいと、セックスと掃除がおろそかになる」みたいなことが書いてあったなあ。

 

掃除機も週一しかかけないし、洗濯物も平気で溜まっていってしまうし。まあ天気がいい日に機嫌よく掃除してるから、まあいいんだけど。

 

夜にレイトショーで、『虐殺器官』を観に行くからと、日中からひたすら読んで読了。400ページ程度だったが間に合ってよかった。第一部ちょっと眠くなりかけたけど、2部くらいから結構おもしろかったです。

 

そして、TOHOシネマズ日本橋にレイトショー割引がないことを嘆く。最近映画たかいしもっぱらアマゾンプライムのお世話になりっぱなしだけど。

 

 

 

 

以下ネタバレですので。

あと個人の感想めっちゃはいっています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説と映画の比較。

 

 

アニメーションのことはよくわかんないからもっぱら脚本について。

 

セリフとかはすごく忠実だったし、ポッドとか、シーシェパードシーウィード(はてブでご指摘いただいました。ありがとうございます)とか、実際映像になるとこういう感じかーと面白かったです。

 

 

ただ脚本にはちょっと残念なところもありました。ここ削っちゃうんだーって。

 

 

自分は本好きなぶん、深堀されてたり、物語が幾重にも折り重なっていること自体に美を見出すところがあると思う。

 

でも2時間程度で、かつ小説を読んだことのない人にも楽しんでもらおうとすれば、話を単純化せざるを得ない。

 

 

だからある程度は仕方なかったのかもなーとおもいつつ。

 

 

 

 

素直な感想として削ってほしくなかったことについて書きます。

 

 

 

まず「母の話」。

これ、完全に削られてました。サラエボの街が破壊されるところからはじまります。

小説だと、「死者の国」の母さんとの対話から物語がスタートする。まあ、これくらいの端折り感はしかたないかと思うけど、

 

この小説はずっと、クラヴィスが「母さんを殺した」罪について、なにかを感じつづけている小説だとおもう。根底に流れ続ける苦悩があって、そこにルツィアやジョン・ポールとの対話があり、エピローグへとむかう。

 

そこでクラヴィスは、すべてを受け流し、他人との接触を断ち、あまりの空虚に圧倒される。自分が苛まれてきた母への罪悪感。でも母のライフログに自分のことなんてほとんどのこっていなかった。常に感じていた視線、背筋の凍るような一瞬まで経験して、そこには確実になにかあったとおもっていたのに、からっぽだったという事実。

 

これでクラヴィスは破滅する。

 

そしてその空虚をうめるようにして、アメリカを虐殺の坩堝にほうりこむ。

 

 

小説ではそういう終わり方だったように思いますが、映画は、「自分が壊れる前に僕は語る」みたいなちょっと前向きな感じの終わり方だったので、むむむ?となりました。

 

 

でもまあ、母の物語が描かれていない時点で、確実に終わり方はかわるから仕方ないっちゃ仕方ないね。

 

 

 

 

それからアレックス。

これも、「死者の国」や、罪の償い方・自らの罰し方について、クラヴィスがつねに自分と比較する重要な人物で、その死に方が重要だったはず。

 

でも、劇中では、クラヴィス自身が殺したことになっています。一番最初の任務の際に、軍の感情コントロールとカウンセリングがうまくいかず、一線を超えてしまった人物として描かれています。アレックスは敬虔なカトリック教徒だったはずなのに。

 

感情をコントロールされ、仕事だからと割り切って虐殺を繰り替える自分に向き合う、という意味でもアレックスは重要な人だったのになとおもいました。

 (下記に追記あり)

 

 

そして、ジョン・ポール。

 

こちらもまた、死に方がちがう。劇中ではクラヴィス自らが殺した。小説中では、おもいがけず、仲間の軍曹に殺され、クラヴィスが呆気にとられるように描かれている。彼は殺すつもりはなかったかのように。

 

 クラヴィス自らの意思で、殺した、というところが、これまた、むむむ?となりました。

 

 

 

ツイッターとかみてると、結構おもしろかったという意見が多いね。

 

 

あと、公開延期になってたりもしたんですね。

eiga.com

 

 

 

 

 

24時に帰宅して、25時ごろ就寝。 

 

 

 

 

 

 

--------------

2017.2.5 17:07分ごろ追記

 

レックスが死んだのは、軍の感情コントロールに不備があり、「グルジア語文法に感染したから」とご指摘いただきました。

リズム感のない金曜日

8時起床。

ホットミルクお湯割。カントリーマアム2つ。

 

 クラウドワークで、ライティング作業をし、昼寝。同僚とご飯をたべ、24時ごろ帰宅。

 

男兄弟のいる女性と、女姉妹しかいな女性って、なんだか雰囲気ちがうよね、という話でもりあがる。完全に偏見だけど、こういう話ってどうにも盛り上がってしまう。(血液型とか)

 

 

25時半就寝。

つまみ食い的な木曜日

8時30分起床。晴れ。

ホットミルクのお湯割。

 

今週末からの劇場公開に間に合うか、一旦いま読んでいる本を置いて、虐殺器官を読み始める。古いSFもよんでいれば、もっとおもしろいかもしれないなこの本は、と悔やみながらも、昼やすみもひたすら読む。

 

いつもより10分ほどはやめに家をでる。特に理由はない。退勤後本屋にぶらりと寄るもとくに買い物はせず。

 

 

最近SFばっかり読んでて、こういうイベントもみつけた。もっと読んでから行きたい。読んでないけど行っちゃおうかな、と検討中。

 

bookandbeer.com

 

 

Whatsapp(海外でつかわれてるLINEみたいあアプリ)でベルリン在住の友達とちょっとやりとり。日本のデカイ会社に勤めつつ、育休2年とって、そのついでに海外の大学院いってマスターとるわ、っていうすごい人。

昨秋ベルリンに旅行したときに、ずっと泊めてもらってた。オープンで賢くておもしろくて、チャレンジ精神にあふれて、芸術にも造詣が深い。こういう人を優秀というのだな、とおもった。

 

www.whatsapp.com

 

 

あとは、そのときカウチサーフィンつかって訪ねたポーランドの父(と勝手によんでいる)ともやりとり。また週末に近況報告しようぜー!ってなってバイバイしました。東欧系の人は家族とのやりとりが、かなり濃厚だときいていますが、たしかにそうかも。

ものすごくマメに連絡くれる。

 

www.couchsurfing.com

 

 

 

そしてHelloTalkでちょっと英語学習。

 

HelloTalk 相互学習 無料で英会話

HelloTalk 相互学習 無料で英会話

  • HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP
  • 教育
  • 無料

 

 一つ一つの単語は知っているが、全体の意味がわからない。会社にいる新卒一年目の子にきいてみた。彼は、完全に日本人なんだけど、学校は全部インター。大学はニューヨーク大学という経歴の方。

 

小学校から全部インターにいかせるって、一体どれだけのお金がかかるんだ。。と思ってしまうけど、その恩恵はきっちり子供にそそがれてるなと思います。日本で育ってるけど、結構中身は外人だなーとおもう。やっぱり環境の因子は大きいですね。

 

 24時30分就寝。

記憶のない水曜日

8時起床。

でも8時30分くらいまでベッドでぐずぐずしていた。

朝はホットミルクのお湯割。

 

いつもどおり出社&退社。

近くの書店で買い物。どちらも、私の好きなポッドキャスト #rebuildfm で紹介のあった2冊。

 

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

 

 

 

 

虐殺器官は、今週末から劇場公開がはじまるみたいだからそれまでに読みたいけど、買うのが遅すぎたかな・・・。

 

 

まだ『一九八四年』も読み終わっていないし。。

 

 

夜はネットサーフィンや読書に集中しすぎて晩ごはんを食べるのを忘れたというか、いつのまにか24時になってしまったので、寝支度。

 

25時30分就寝。

分かり合えない諦めを知る前向きな火曜日

 

いつもどおり8時ごろ起床。

 

ホットミルクのお湯割とカントリーマアム2つを朝食後、身支度をして出社。

ちなみにホットミルクのお湯割とは、読んで字の如くなのですが、牛乳をレンジでチンしたものに、ウォーターサーバーのお湯をそそぐ、という飲み物です。

 

先週の月曜からホームホワイトニングをはじめて、2週間色の濃いものを避けないといけないので、珈琲・紅茶・お茶類がぜんぶだめ。毎朝ミルクティーを飲むのが習慣だったので、最初はきついかとおもったけど、意外と慣れました。

 

で、代わりに最初はホットミルクを飲んでたんだけど、ちょっと濃ゆいなーと思って。

そもそも、ミルクティとかカフェオレって、珈琲や紅茶の成分が滲み出てるけど中身はほとんどお湯なわけだから、牛乳をお湯で割ったっていいんじゃないかとおもってやってみたら、慣れた口当たりで正解でした。

 

てなわけで、ここ最近はホットミルクのお湯割が朝食です。

 

海外にいっても何かしら食い扶持があったほうがいいと思って、手に職系のバイトに挑戦して2年弱になるわけですが、そのバイト先の店舗が家賃未払いだったらしく、かつ、ビルの所有者がヤクザ系だったらしく、別店舗用意してるから3日ほど休んでまた開店するし、といわれたのに、まさかの社長音信普通という事態。社員の人は飛んだか?とかいってた。こんな漫画みたいな話あるんだーと。。。楽しい職場だったし、自分も結構なれたところだったので、再開したらいいのにと思うけど、あんまり間があいたらきついですね。

 

そんなわけで日中の仕事がおわったら帰宅している最近。

 

読書時間が割けてうれしい。でいま読んでいるのはこちら。DMM英会話の先生に彼は心理描写・人間観察の天才だ!おもしろいぞ!と言われて購入したんですが、なんだかトランプ問題とかで、巷ではベストセラーに返り咲いたりしてたみたいですね。

珍しく旬な本をよんでいます。 

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

 

夕方、パートナーの方とやや口論。相当久しぶり。

うちはどちらもおこづかい制でやってるんですが、私は財布を完全にわけてて、あちらは財布を同じにされてます。

 

札は別部屋にいれてるみたいなんですが小銭入れは完全に同じ。

アプリで帳簿つけてるから問題ない、かつ、数百円の誤差などたいしたことではない、というのがあちらの主張。まあそういわれたらそうか、という気がしないでもない、今となっては。

 

こちらは、なんというか、はっきり分かれてないのが嫌だなと思うわけです。細かいと言われようがなんだろうが。細かさの粒度の問題ではないんです。公私混同がいやなのと同じ、感覚的に嫌だなと思うわけです。

 

これ以上話しても無駄、ということで話は打ち切られ、まあ通常モードに戻ったんですが。話し合って語り合ってわかり合うのがすべてではない、と再認識しました。

 

話せばわかる、というのは大嘘です。

話せばわかる部分もあるけど、話しても自分の話している言葉が自分の思っていることとかけ離れたものになってしまうことは、よくあること。(これ自分だけ?)

 

直接的なアプローチより間接的なアプローチのほうが、ずっといい効果をうむ場合が多い、と思うことがよくある最近です。

 

 

寝る前にこちらをちょっと読み進めて24時30分就寝。

 

トランプがはじめた21世紀の南北戦争: アメリカ大統領選2016

トランプがはじめた21世紀の南北戦争: アメリカ大統領選2016